【酒販サポ−トどっとこむ。】お酒の販売に興味のある方、ご予定の方へ!酒類販売業免許についてのご相談から申請の代行まで、行政書士廣瀬事務所がサポートします!

酒類販売業免許申請の応援サイト【酒販サポートどっとこむ。】


  酒類卸売業免許

 免許の概要について

酒類卸売業免許とは

  お酒を酒類販売業者や酒類製造場に販売することのできる免許が酒類卸売業免許です。
 販売対象はお酒の小売業者や製造場となるため、一般消費者、酒場・料理店に対する販売は
 できません。
 酒類卸売業は、その営業方法、取扱品目等によって、以下の種類に分かれています。

 全酒類卸売業免許  酒類販売業者や酒類製造場に対し、原則全ての酒類
 品目を卸売することができる免許
 ビール卸売業免許  酒類販売業者や酒類製造場に対し、ビールを卸売す
 ることができる免許
 洋酒卸売業免許  酒類販売業者や酒類製造場に対し、 以下の酒類のう
 ち1品目以上を卸売することができる免許
 〔取り扱える品目〕
 果実酒、甘味果実酒、ウイスキー、ブランデー、発泡酒、
 その他醸造酒、スピリッツ、リキュール、粉末酒、雑酒
 輸出入酒類卸売業
 免許
 酒類販売業者や酒類製造場に対し、輸出、輸入対象酒
 類の両方または片方を卸売することができる免許
 特殊酒類卸売業免許   酒類事業者の特別な必要に応ずるための卸売免許
  (例) 酒類製造者の本支店等に対する酒類の卸売
      酒類製造者の企業合同に対する酒類の卸売
      酒類製造者の共同販売機関に対する酒類の卸売
 店頭販売酒類卸売
 業免許
 自己の会員である酒類小売業者のみを対象とし、
 店頭販売による卸売に限る免許
 店頭で酒類を引き渡す方法でのみ卸売できます。
 協同組合員間酒類
 卸売業免許
 加入している事業協同組合の、他の組合員を対象
 とし、酒類を卸売する事に限る免許
 事業協同組合は、中小企業等協同組合法に基づく
 ものに限定されます。
 自己商標酒類卸売
 業免許
 自らが開発した商標・銘柄の酒類の卸売に限る免許



   酒類卸売業免許の要件が緩和されました

  
詳しくはこちらをご覧下さい      酒類卸売業の免許要件緩和



免許付与の条件は

  酒類卸売業免許を付与されるためには、以下の条件(以下、要件という)を満たしている必
 要があります。
 それぞれの条件の詳細については、次ページ以降でご確認下さい。

  人的要件、場所的要件、経営基礎要件、需給調整要件(一部適用のない卸売業
 もあります)の4要件を満たしていること
  酒類販売等の経験に関する条件について、必要に応じて酒類販売管理研修を受
 講していること(酒類販売管理者の選任は必要ありません)



免許の申請について

  申請方法や申請先など、酒類卸売業免許申請の概略は以下のとおりです。

 申請は販売場(店舗)ごとに行います。
  (販売場に対し免許が交付されるとお考え下さい)
 販売場を管轄する税務署に申請書及び添付書類を提出し、審査を受けます。
  (審査を行うのは管轄する税務署の担当官とは限りません)
 申請書の受付から結果の付与まで約2〜6ヵ月かかります。
  (酒類卸売業各業の要件ページでご確認下さい)
 免許を付与されることとなった場合、登録免許税90,000円を納めることになります。
  (小売業の免許業者が卸売業の免許を追加取得する場合は60,000円です)
 免許取得後、更新手続きは不要です。





次のページ 免許の共通要件


HOMEサイトマップリンク個人情報の取り扱いについて特定商取引法の表示
Copyright(C)2008 Hirose office All Right Reserved