【酒販サポ−トどっとこむ。】お酒の販売に興味のある方、ご予定の方へ!酒類販売業免許についてのご相談から申請の代行まで、行政書士廣瀬事務所がサポートします!

酒類販売業免許申請の応援サイト【酒販サポートどっとこむ。】


  酒類卸売業免許

  酒類卸売業の免許要件緩和


改正の概要

  「規制・制度改革に係る方針」に基づく「酒類卸売業免許の要件緩和」に係る改定取扱要
 綱(法令解釈通達)が平成24年6月1日付けで国税庁から発出されました。
  今改正においては、主に酒類卸売業免許の要件が緩和され、基準数量の引下げ・廃止、
 全酒類卸売業免許やビール卸売業免許の免許枠の創出、新たな免許区分の設定等がな
 され、平成24年9月1日からの適用開始となります。
  酒類卸売業にご興味がおありの方、酒類小売業免許からの条件緩和をご希望の業者様
 には、これまでに比べ免許申請が容易になる改正です。早めのご準備をお勧めします。
 ぜひ一度お問合せ下さい。


  国税庁ホームページはこちらからどうぞ   酒類卸売業免許の要件緩和等について


卸売基準数量の緩和について

  酒類卸売業免許の付与には、申請の段階で一定数量(卸売基準数量)の販売が見込める
 事が条件となっていましたが、この卸売基準数量について、緩和又は廃止される事となりま
 した。
 改正前、改正後の基準数量は、以下のとおりです。


 全酒類卸売業免許  改正前 大都市720kl以上、それ以外の地域270kl以上
                → 改正後 100kl以上
 ビール卸売業免許  改正前 大都市360kl以上、中都市240kl以上、それ以
 外の地域120kl以上
                → 改正後 50kl以上
 洋酒卸売業免許  改正前 大都市36kl以上、それ以外の地域24kl以上
                → 改正後 廃止
 輸出入酒類卸売業
 免許(輸入のみ)
 改正前 おおむね6kl以上
                → 改正後 廃止
 酒類販売媒介業
 免許
 媒介基準数量につき、改正前 240kl以上
                → 改正後 100kl以上



新たな免許区分の設定について

  今改正において、3つの新たな免許区分が設定されました(いずれも酒類卸売業免許)。
 各免許の名称及び内容については、以下のとおりです。

 店頭販売酒類卸売業免許  自己の会員である酒類小売業者のみを対象とし、
 店頭販売による卸売に限る免許。
 店頭で酒類を引き渡す方法でのみ卸売できます。
 協同組合員間酒類卸売業免許  加入している事業協同組合の、他の組合員を対象
 とし、酒類を卸売する事に限る免許。
 事業協同組合は、中小企業等協同組合法に基づく
 ものに限定されます。
 自己商標酒類卸売業免許  自らが開発した商標・銘柄の酒類の卸売に限る免許。



免許枠の計算方式の見直しについて

  全酒類卸売業の免許枠の計算方法が、以下のとおり見直されます。

 卸売販売地域が、税務署単位から都道府県単位に拡大されます。
 卸売業者の都道府県内移転は需給調整要件の制約を受けません。
 卸売基準数量の計算要素について以下の数字とし、全国一律の計算式となります。
  ・ 卸売基準数量 → 3,400kl
  ・ 大規模販売場の卸売数量 → 20,000kl
  ・ みなし休業場 → 100kl
 各都道府県の新規免許枠の上限を、該当地域の稼動販売場数の5%とし、免許年
 度ごとに設定されます。
 計算した免許枠が「0件」となる都道府県では、当分の間、最低免許枠として「1件」
 の免許が設定されます。



申請の概要について

  改正後の免許申請についての概略は以下のとおりです。

 全酒類卸売業免許及びビール卸売業免許について、都道府県の新規免許枠の公示
 は、9月1日となります(その他の改正も9月1日より受付開始)。
 全酒類卸売業免許及びビール卸売業免許について、申請期間は9月1日から9月末日
 となります。
 全酒類卸売業免許及びビール卸売業免許についての審査順位は、公開抽選で決定
 されます。
 全酒類卸売業免許及びビール卸売業免許について、申請時の書類等が一部簡素化
 されます(申請段階では一部を提出、審査開始となった場合に残りの資料の提出とな
 ります)。



法人成り・営業譲受けに伴う免許付与について

  全酒類卸売業免許及びビール卸売業免許について、法人成り・営業譲受けの際の免許付
 与が以下のような取り扱いになります。

 法人成りの場合  直近の販売実績が以下の場合、免許が付与されません。

  ・ 全酒類卸売業免許 → 直近の販売実績が100kl未満
  ・ ビール卸売業免許  → 直近の販売実績が50kl未満
 営業譲受けの場合  直近の販売実績が以下の場合、免許が付与されません。

  ・ 全酒類卸売業免許 → 直近の販売実績が100kl未満
  ・ ビール卸売業免許  → 直近の販売実績が50kl未満



HOMEサイトマップリンク個人情報の取り扱いについて特定商取引法の表示
Copyright(C)2008 Hirose office All Right Reserved