【酒販サポ−トどっとこむ。】お酒の販売に興味のある方、ご予定の方へ!酒類販売業免許についてのご相談から申請の代行まで、行政書士廣瀬事務所がサポートします!

酒類販売業免許申請の応援サイト【酒販サポートどっとこむ。】


  酒類販売業免許とは

 免許の区分と種類

酒類販売業免許の選択

  酒類販売業の免許は販売する相手やその方法、販売対象の酒類によって分類されていま
 す。
 これらの中からお考えの事業形態に合った免許を選択し、取得申請することになります。

   無料相談のご案内
   このような場合はどれに当てはまるのかといった疑問につきましては、お問い合
   わせ頂ければ調査判断致します。
   初回のご相談は無料とさせて頂いております。お気軽にお尋ね下さい。



酒類販売業免許の区分

  まず、酒類販売業免許は、以下の2つに区分されます。
   

 酒類小売業免許  一般消費者、酒場・料理店、菓子製造店に対し、酒類を継
 続的に小売する
 酒類卸売業免許  酒類販売業者、酒類製造者に対し、酒類を継続的に卸売
 する



酒類小売業免許の種類

  酒類小売業免許は、更に以下の3種類に分かれます。

 一般酒類小売業免許  販売店舗において、原則すべての酒類品目を小売できる
 通信販売酒類小売業
 免許
 インターネット、カタログ送付等の方法により、一定の酒
 類を小売できる
 
 特殊酒類小売業免許  消費者の特別な必要に応ずるための小売免許
  (例) 自社の社員のみに対する酒類の小売


酒類小売業免許の詳細は 酒類小売業免許


酒類卸売業免許の種類

  酒類卸売業免許は、更に以下の種類に分かれます。

 全酒類卸売業免許  原則すべての酒類品目を卸売できる
 ビール卸売業免許  ビールを卸売できる
 洋酒卸売業免許  果実酒、甘味果実酒、ウイスキー、ブランデー、発泡酒、
 その他醸造酒、スピリッツ、リキュール、粉末酒、雑酒
 を卸売できる
 輸出入酒類卸売業
 免許
 自己で輸出入する酒類を卸売できる
 特殊酒類卸売業免許  酒類事業者の特別な必要に応ずるための卸売免許
  (例) 酒類製造者の本支店等に対する酒類の卸売
      酒類製造者の企業合同に対する酒類の卸売
      酒類製造者の共同販売機関に対する酒類の卸売
 店頭販売酒類卸売
 業免許
 自己の会員である酒類小売業者のみを対象とし、
 店頭販売による卸売に限る免許
 店頭で酒類を引き渡す方法でのみ卸売できます。
 協同組合員間酒類
 卸売業免許
 加入している事業協同組合の、他の組合員を対象
 とし、酒類を卸売する事に限る免許
 事業協同組合は、中小企業等協同組合法に基づく
 ものに限定されます。
 自己商標酒類卸売
 業免許
 自らが開発した商標・銘柄の酒類の卸売に限る免許


酒類卸売業免許の詳細は 酒類卸売業免許



その他の酒類販売業免許

  上記以外の酒類販売業免許として、以下のようなものがあります。

 酒類販売代理業免許  酒類製造者、酒類販売業者の酒類販売取引を継続的に代
 理する
  (営利か否かは問われません)
 酒類販売媒介業免許  他人間の酒類の売買を継続的に媒介する
  (取引相手の紹介、取引の意思伝達、取引内容の折衝等
  の補助的行為をいい、営利か否かは問われません)


HOMEサイトマップリンク個人情報の取り扱いについて特定商取引法の表示
Copyright(C)2008 Hirose office All Right Reserved